安全・環境への取り組み


安全教育の実施

事故未然防止のためのドライバー教育も徹底して行っています。
新入ドライバーへの同乗訓練を十分に行い、既存ドライバーと遜色のないレベルに確実に引き上げています。
また、毎月の安全会議では、座学による安全運転の講習や事故事例の研究、ドライバー同士の活発な意見交換や体験の共有に積極的に取り組んでいます。


安全・環境のための車両設備

デジタルタコグラフによる運行記録。ドライブレコーダーによる運行記録。後方安全確認のためのバックアイカメラなど最新の安全機器の導入による サポートも積極的に行っています。また、アイドリングストップのため、エンジンを使わない車載用冷暖房機器も備えています。


これまでの安全・環境に対する当社の実績

社団法人全日本トラック協会による「Gマーク制度(貨物自動車事業安全性評価事業)」の認定を受けています。さらには、環境への取り組みにも評価されてグリーン経営認証永年表彰、トラック協会からのセーフティドライバーコンテスト無事故・無違反の達成など数多くの実績を評価頂いております。
また、国土交通省から、地球環境に配慮した高い技術水準を有したモーダルシフト事業者に贈られる「エコシップモーダルシフト優秀事業者」としても認められています。

安全への取り組み実績

  1. ①Gマーク安全認定
  2. ②トラック協会からの表彰状

環境への取り組み実績

  1. ③グリーン経営認証永年表彰
  2. ④エコシップモーダルシフト優秀事業者

運輸安全マネジメント

経営トップ(社長)から現場(ドライバー)まで全社一丸となった安全管理体制を構築し、会社全体における安全意識の浸透と安全風土の醸成を行っています。「運輸安全マネジメント実施計画書」を制定するとともに、これにもとづき各営業所で「安全・エコドライブ活動計画」を作成し、PDCAサイクルを回すことによって、安全管理のスパイラルアップ(好循環)を図っています。

運輸安全マネジメント

安全・エコドライブ活動計画


労働安全衛生方針

当社は、従業員の労働安全衛生の確保が企業活動の最重要基盤であると考え、本方針に基づき事業を展開します。

  1. 事業活動において、従業員の労働安全衛生を最優先する
  2. 従業員の健康維持・増進を積極的に支援する
  3. 最高水準の労働安全衛生の実現により社会の要請に応える
  4. 労働安全衛生に関する従業員教育を積極的に実施し、会社と従業員との円滑なコミュニケーションを図る
(2017.7)

環境基本方針

当社は、環境保全活動への参加意識を高め、また環境関連法令を遵守することにより、本方針に基づき地球環境を維持し、人類の健康と生態系保全の一端を担う企業を目指します。

  1. 環境関連の法規制遵守を基本とし、社会的要請に応える
  2. 省エネ運転を実施し、燃費向上による省資源化に努める
  3. モーダルシフトの推進に取り組み、地球温暖化防止に寄与する
  4. 廃梱包材の排出抑制とリサイクルを図り、ごみ排出量の削減に努める
  5. 全従業員に環境活動を周知徹底し、その維持・推進に努める
(2017.7)
荷主様のお問合せ ブログ